▼投資の用語集

インデックス/インデックスファンドとは

インデックスとは

インデックスとは、日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均のような株価指数のことです。
現在、世界には1万種類以上のインデックスがあり、日経平均のような日本株式の市場動向を示すインデックス以外にも、債券、不動産、商品などの市場動向を示すインデックスがあります。

■インデックスの例
資産の種類 インデックス例 インデックスを構成している銘柄
日本株式 日経平均株価 日本企業を代表する大型225社
TOPIX 東証1部上場の全銘柄(約1,700社)
外国株式 S&P 500 米国企業を代表する大型500社
ダウ平均 米国企業を代表する大型25社
NASDAQ 米新興市場NASDAQ上場の全銘柄
MSCI コクサイ・インデックス 日本以外の先進国(22か国)の主要銘柄
MSCI エマージング・マーケット・インデックス 中国やインドなど新興国(25か国)の主要銘柄
日本債券 NOMURA-BPI 総合指数 国債や社債など日本債券の主要銘柄
外国債券 シティグループ 世界国債インデックス 先進国(23か国)の国債
日本不動産 東証REIT指数 東証に上場する全てのJ-REIT銘柄(約40銘柄)
外国不動産 S&P 先進国REIT指数 先進国(26か国)の主要REIT銘柄
コモディティ
(商品)
S&P GSCI 商品指数 原油、金、小麦など24種類の商品先物

(2011年12月現在)

また、上記のように資産ごと(株式、債券など)のインデックス以外にも、様々な切り口のインデックスがあります。
以下はインデックスの主な切り口です。

■インデックスの主な分類
主な分類
資産別 ・日本株式
・外国株式
・日本債券
・外国債券
・日本不動産
・外国不動産
・コモディティ(商品)
地域別 ・グローバル(全世界)
・アメリカ地域
・ヨーロッパ地域
・アジア・パシフィック地域
・中東・アフリカ地域
国別 ・先進国
・新興国
・個別国(日本、米国、中国など)
通貨別 ・日本円
・米ドル
その他 (資産別の細かい分類例)
・株式 -業種別、サイズ・スタイル別
・債券 -国債・社債など発行体別

また、インデックスを作っている会社(提供者)は多数あり、同じ切り口のインデックスでも、提供者によって中身は異なります。
以下は「日本株式」という同じ切り口ですが、インデックスの中身は異なっています。

■日本株式のインデックス例
  インデックス インデックスを構成している銘柄 提供者
日本株式 日経平均株価 日本企業を代表する大型225社 日経新聞
TOPIX 東証1部上場の全銘柄 東証
ラッセル野村 総合インデックス 日本企業の上位約98%にあたる銘柄 ラッセル野村
MSCI ジャパン 日本企業の上位約85%にあたる銘柄 MSCI
S&P 日本新興株100指数 日本の新興企業を代表する100社 S&P

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、インデックスと同じ値動きをするよう設計された投資商品(投資信託・ETF)のことです。
これらの投資商品には「インデックス投信」および「ETF」があり、総称して「インデックス・ファンド」と呼ばれています。

2011年12月の時点で、米国では約1,300本、日本では約730本のインデックス・ファンドがあります。

ETFとインデックス投信は同じ「インデックスファンド」ですが、実際に投資する際には色々と違いが出てきます。
参考資料として、下記の比較表をご覧ください。

■ETFとインデックス投信の比較 (2011/12現在)
  インデックス投信 ETF (上場投資信託)
国内ETF 海外ETF
銘柄数 約450本 約130本 約150本
売買窓口 取扱い販売会社
(銀行、証券会社など)
全国の証券会社 一部の証券会社
(主にネット証券)
売買できる商品 販売会社で異なる どこでも同じ 証券会社で異なる
上場取引所 非上場 国内の証券取引所 外国の証券取引所
価格決定 1日1回、基準価額が決まる
(同日ならいつ売買しても同じ価格)
リアルタイムで
株価変動
売買成立 必ず成立する 条件しだいで成立
(個別株と同じ)
最低投資額 1万円程度から 1万円程度から 数万円程度から
コスト 購入時のコスト 販売手数料
(商品/販売会社で異なる)
(なし~3%程度)
売買手数料
(証券会社で異なる)
保有中のコスト 信託報酬
(0.3%~1.5%程度)
信託報酬
(0.1%~1.0%程度)
売却時のコスト 信託財産留保額
(商品で異なる 0%~0.5%程度)
売買手数料
(証券会社で異なる)
為替コスト 商品によって
為替手数料が必要
なし 為替手数料
(証券会社で異なる)
配当 自動再投資
(商品によって自動的にできる)
×
(自分でやる)
再投資コスト 自動の場合不要 売買手数料が必要
積立 自動積立投資
(商品によって自動的にできる)
×
(自分でやる)
積立投資コスト 販売手数料が必要 売買手数料が必要
このサイトでは、世界のインデックスを集めたデータベースと、日本で購入できるインデックス・ファンドを網羅したデータベースがありますので、投資の際にはぜひご活用ください。
→インデックスを探す
→ETF・インデックスファンドを探す

 



関連コンテンツ
無料メルマガ を読もう
『新着ETF・インデックスファンド 速報』
国内初!~新たに販売されたETF、インデックス投信をメールでお知らせします。
    (特長)
  • 新着のインデックスファンドだけご紹介!
  • 国内ETF、投資信託、海外ETFまで網羅!
  • 毎月1~2回発行、購読は完全無料
(→もっと詳しく)

世界の株価がひと目で分かる! iPhoneアプリ『世界の株価』
証券取引所の時間確認に最適!『map:clock - 世界地図時計』
資産配分ツール誕生!無料提供中。