プロフィール
はじめまして。
サイト運営者の加藤です!

この度はお忙しい中、当サイトをご覧いただき、本当にありがとうございます。
ここでは、サイトの目的や背景を知って頂くために、運営者である私のプロフィールをご紹介させて頂きます。
~ちょっと長いです。

何をやってる人?
35才・二児の父、出身は岐阜県です。
本業?は個人投資家です。
また、少しでも自分の経験が役に立てたら・・と、このサイトを運営しています。
(こちらは本業ではなく、ライフワークですね)
ちなみに、○○証券の社員、どこかの会社に勤めている、というワケではありませんので、個人投資家の方とは利害が一致している立場だと思っています。
個人投資家になる前
私は昔から「あまのじゃく」で、「できるだけ人と違うことをしたい」と思い、大学時代に友人が就職活動する中(たしか95年頃)、名古屋で起業しました。
当時はインターネットが普及し始めたばかりで、小資本かつ個人で始められる仕事として、企業のWeb制作を中心に仕事をしていました。
何年かして、「個人ではできないもっと大きな仕事がしたい」と思い、知人と一緒に東京で会社を設立し、ゼロからWeb広告の事業を立ち上げました。周りの方の支援と、運が良かったのが重なって、その事業は3年ほどで大きく成長しました。ちょうど5年目に事業を買いたいという会社が表れ、値段も申し分なく、私も別にやりたい事があったため、売却する事となりました。
その後、会社を引退?し、個人投資家となりました。
投資で大失敗!
もともと投資は、大学時代に投資信託を購入したのが初めてで、本格的に投資を始めたのは、ある程度の資金ができた20代の終りごろです。
当時の私は、事業でのちょっとした成功に自信を得て、「これから急成長しそうな会社」を目利きし、株の売買をしていました。
四季報を片手に、企業の決算情報を分析し、株価を毎日チェックし、チャートの動きを分析し、株式ニュースとマネー雑誌は欠かさず見るようにし・・・とにかく毎日忙しく投資活動をしていました。「株で○○億もうけた」というカリスマ投資家の本は、たくさん読みましたし、それに習って投資もしました。
「毎日、これだけの事をやっているのだから、上手くいかないはずは無い」という気持ちと共に、購入したどの株も、著しく値が上がり、中には1か月で4倍になる株もありました。資産が毎日増え、その時の私は、「自分には投資の才能がある。このままいけば、大富豪になれるんじゃないか。」と、投資が楽しくてしょうがなく、毎日ワクワクしていました。

今振り返ると、すべてが勘違いでした。
当時は、ほとんどの株式が成長しており、急成長したものも、私に才能があったワケではなく、ただ運が良かっただけでした。


きっかけは、ライブドアショックによる株の急落でした。
ライブドア株は当時保有していなかったので、「他は影響ない、すぐに戻る」と判断し、株全体が下落する中、どんどん買い増し(ナンピン買い)しました。「もう底値だ」と思って買い増しした直後から、さらに株価が下がることが何回か続き、恐ろしくなって、売却したものもあります。
また、自分で勝手に損切りルールを設け、売っては買い、売っては買い、を繰り返してキズを広げたものもあります。
最後には、「この株は適正株価が○○円だから、こんなに下がるのはおかしい」と市場を恨んだりもしました。
結局この時は、それまで増えた資産を全て無くし、元手の資金も減らしてしまいました。
失敗 ~その後
投資の失敗後、私は悔しくてしょうがなく、しばらくイライラし、後悔ばかりしていましたが、個人投資家を本業にすると決めた以上、ここで投資を終わらせるわけにはいきませんでした。
もしこの時、他の仕事をしていたら投資をやめていたと思います。

幸運だったのは、致命的な失敗をする前に、「投資の基本」を学んだことです。

私が投資に対して「真摯に、そして本気で」投資に取り組むようになったのは、失敗後からでした。
そして、失敗の体験から、これまでとは違う気持ちが、私の投資方針を大きく変えました。
失敗するまでは「いかに大きく儲けるか」という視点でしたが、「いかに大きな損失を無くすか」という視点になったのです。視点が変わると、自然と勉強する内容も変わります。今までまったく視界に入らなかった「投資の基本」とか「投資の王道」といった地味で面白みがなく消極的な感じの本が目にとまるようになり、その内容はことごとく私の失敗理由を説明していました。
私はこの手の本を読み漁り、自分の体験と照らし合わせながら、納得できたものを、自分の投資方針にするようにしました。
(ちょっとその方針をご紹介します)
失敗から学んだ投資方針
  • 短期間で大儲けするより、時間をかけてコツコツと
  • 元本割れせず利益を出すことを重視
  • 少しでも勝率を上げるために、(勉強の)努力をする
  • 何よりも、致命的な失敗をしないように
→詳しくは・・「このサイトが推奨する投資方法」へ
そして、勉強している中で最も衝撃的だったのが、「インデックス投資」という考え方でした。
インデックス投資は、けして大儲けできるような投資方法ではありませんが、「いかに大きな損失を無くすか」という視点で見ると、個人投資家にとって簡単に、安く、そしてすぐに出来る最良の方法でした。
私はすぐに、これまでの株を売却し、インデックス投資を中心に投資を始めました。
これまで日本の個別株だけに投資していたものを、日本株式、海外株式、国内債券、海外債券、不動産、コモディティなど、より幅広い資産を投資の対象とし、それぞれの組み合わせを考えた投資に変えたのです。
現在 ~100年に1度の危機が発生
2008年10月以降、「100年に1度の危機」と呼ばれる米国発の金融危機が起きています。
2009年7月現在、正直「私の資産が何倍にもなっている」という状況ではありません。しかし、「いかに大きな損失を無くすか」という方針では確実に成果を出しています。
もし、かつての失敗時の投資を今も続けていたと思うと、ゾッとしました。
当時の銘柄(当時は多くの専門家や投資家から評価されていた銘柄)を、現在も保有していたらどうなっていたかシミュレーションしたことがあります。 それはライブドアショックの比ではなく、本当に致命傷を負って、投資を強制終了せざるを得ないレベルでした。
当然、これからの世界の金融市場がどうなるか分かりません。だからこそ、今回のような大きな下落時に(儲けが出ないまでも)、資産が大きく減らない投資をすることが重要だと考えています。
まだ危機は終わっていませんが、私自身の成功体験として、ひとつ自信がつきました。
家族に相談され ~サイトを設立
私が四六時中、投資に没頭しているということで、サイトを作るずいぶん前から、家族や親戚から投資の相談を受けていました。そこで、私は自分なりの体験や投資に対する考えをまとめていたのですが、そのうち、家族以外に伝えても悪いことではないんじゃないかと思い、このサイトを立ち上げることにしました。
正直、私は今までの自分の投資に後悔しており、今でも「投資を本格的に始める前に、投資の基本を学んでいれば・・」、「もっと早くインデックス投資をしていれば・・」と思っています。
私の家族とこれから投資を始める方が、最初から失敗を避けることができれば、とても喜ばれるんじゃないかと・・考えたのです。
主なコンテンツとして、失敗から学んだ「投資の基本」を学べる勉強コンテンツと、私がインデックス投資を実現するために苦労した体験をもとに、「当時、あったら本当によかったな」というコンテンツを提供することにしました。
また、利益よりも中立の立場を優先し、運営母体はNPOとしました。
このサイトは私のライフワークとして、少しでも長く運営できたらと思っています。
最後に
私は金融機関で投資の仕事をしていたプロではなく、投資はゼロから独学で覚えました。投資に関して、特に信頼されるべき資格や肩書きがあるわけではありませんが、自信を持って言えることが一つだけあります。
それは、「自分の大切なお金を使って、本気で学び、考え、実践してきた」ということです。
そこで得た内容が、私自身の投資方針となり、このサイトのコンテンツとなっています。
私が会社の経営時代に学んだことは、「本気でやれば結果が出る。本気かどうかは、その人がリスクを取っているかで分かる」という事です。
今、このサイトをご覧頂いている方は、本当に勉強熱心な方だと思います。
世の中には、多くの「投資のプロ、専門家」がいますが、その中には自分のお金で投資をしていない人や、理論だけで実践をしていない人、つまり「リスクを負っていないプロ」もたくさんいます。
ぜひ、そういうプロに惑わされず、投資をされることを願っております。
私がこれまで学んだことは、こちらにまとめてあります。
→このサイトが推奨する投資法
このサイトの内容が「唯一の正しい投資方法」ではありませんが、もし共感いただけるようでしら、ぜひサイトをご活用ください!
~つたない文章で失礼しました m(_ _)m
(2009年7月)
関連コンテンツ
無料メルマガ を読もう
『新着ETF・インデックスファンド 速報』
国内初!~新たに販売されたETF、インデックス投信をメールでお知らせします。
    (特長)
  • 新着のインデックスファンドだけご紹介!
  • 国内ETF、投資信託、海外ETFまで網羅!
  • 毎月1~2回発行、購読は完全無料
(→もっと詳しく)

世界の株価がひと目で分かる! iPhoneアプリ『世界の株価』
証券取引所の時間確認に最適!『map:clock - 世界地図時計』
資産配分ツール誕生!無料提供中。